イニシャル・ポイント、
総額1億円の資金調達を実施!

2021年3月18日
イニシャル・ポイント株式会社

多要素認証サービスプロバイダーのイニシャル・ポイント株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:嶋村 俊彦 以下「イニシャル・ポイント」)は、新生企業投資株式会社 (東京都中央区、代表取締役社長:松原 一平)、GA投資組合(東京都千代田区、業務執行組合員:後藤 拓)の各社が運営もしくは関与するファンド2社を引受先とした第三者割当増資により総額1億円の資金調達を実施しましたのでお知らせいたします。イニシャル・ポイントはすでにLTE閉域網を利用しリモートアクセス時に本人認証を向上させる多要素認証サービス「JinCreek」を提供していますが、今回調達した資金により、お客様の「JinCreek」初期導入費用を安く抑えられるモバイルルーターを用いたサービスやWindows以外のOSに対応したサービスの開発、お客様への販売・サポート体制の強化を行ってまいります。

イニシャル・ポイントは、通信業界や社会インフラの認証システム開発を経験したメンバーによって2020年1月に設立され、認証プラットフォーマーとして生体認証ソフト開発企業、通信事業者、セキュリティソリューション企業から多くの注目と期待を頂いています。本人認証ソリューションの提供を通じ、災害やコロナ禍といった非常事態下でのリモートアクセスだけでなく、子育てや高齢化社会において自宅で育児や介護をしながら安心して在宅勤務ができ、社員の労働環境が守られる社会の実現を目指しております。2021年度は、より多くのお客様に「JinCreek」を利用いただけるよう、以下の新しいサービスの開発、提供を行っていく予定です。

  • SIMカードがささらない既存のPCでもモバイルルーターを介し社外でも多要素での本人認証を行い在宅勤務や リモートワークができるよう対応いたします。
  • Windows以外のOS(iOS、アンドロイド)にも対応いたします。
  • 「JinCreek」で対応できる生体認証開発会社のソフトウェアを拡充いたします。

[引受先からのコメント]

新生企業投資株式会社 マネージングディレクター 西村 和将氏

リモートワークの普及、ハッキングによるセキュリティリスクの高まりを背景として、ポストコロナ時代の社会においても安価で利便性の高い多要素による本人認証サービスへのニーズはますます高まっていくと考えています。
JinCreekはすでに顧客からセキュリティ、利便性、コストの面で優れたサービスが高く評価されています。今後多くの公共団体・企業のリモートワーク体制構築に係る悩みを解決するソリューションとなることを期待しており、事業成長に向けて支援させていただきます。

[JinCreek対応通信事業者]

対応通信事業者は下記の通りとなります(2021年3月現在)

  • NECネッツエスアイ株式会社(ネッツワイヤレスサービス)
  • ソフトバンク株式会社(セキュアモバイルアクセス)

[JinCreek販売代理店]

  • NECネッツエスアイ株式会社

イニシャル・ポイントの概要

  • 社 名:
    イニシャル・ポイント株式会社
  • 本 社:
    東京都千代田区富士見1-3-11富士見DUPLEX B’s 4F
  • 代表者:
    代表取締役 嶋村俊彦
  • 概 要:
    多要素認証サービスプロバイダー事業とそれに付帯する各種サービス開発
  • 商標について記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先

イニシャル・ポイント株式会社 
MAIL:info@initialpoint.jp