イニシャル・ポイント、
モバイル通信機器経由でも
多要素認証を利用可能に!

2021年6月1日
イニシャル・ポイント株式会社

イニシャル・ポイント株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:嶋村俊彦、以下イニシャル・ポイント)は、 このたびLTE/4G/5Gの閉域リモートアクセス時において本人認証を向上させる「多要素認証サービス(商品名 : JinCreek)」をモバイル通信機器(モバイルルーターやUSBドングル)でも利用可能にします。

本サービスは、富士ソフト株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役 社長執行役員:坂下智保、以下富士ソフト)の協力を得て、富士ソフト製モバイルルーターおよび、USBドングル経由でも多要素認証の利用を可能とし、これによりパソコンを買い替えることなく既存のパソコンでも利用できるようになります。

[既存のパソコン(SIMカードが刺さらないPC)でも多要素認証が可能に!]

[富士ソフト社製利用可能モバイル通信機器]

  1. FS040W: https://www.fsi.co.jp/mobile/plusF/products/FS040W/index.html
  2. FS040U: https://www.fsi.co.jp/mobile/plusF/products/FS040U.html
  3. FS030W: https://www.fsi.co.jp/mobile/plusF/products/FS030W.html

[本対応の効果]

イニシャル・ポイントは、昨今の新型コロナウィルスや災害の増加、そして働き方改革や 5Gの到来において、昨年からLTEモジュール搭載のノートパソコンを対象にサービスを開始しましたが、既存パソコンでの利用を希望する多くのご要望に応えるため、富士ソフト社のモバイル通信機器を介すことで、既存のパソコンでもサービスが利用可能となるよう対応いたしました。これにより

  1. ユーザーは新しいパソコンを新規で購入する必要がなくなる
  2. 必要な人だけモバイルルーターもしくはUSBドングルを介して当サービスを利用できる

[富士ソフト社からのコメント]

富士ソフト株式会社は「JinCreek」の機能拡張(モバイル通信機器経由の対応)を心から歓迎いたします。
「JinCreek」は、多要素認証(SIM認証、生体認証、デバイス認証)を実現した高度なセキュリティ・ソリューションです。
働き方改革に伴いリモートワークが広がる中、当社のモバイル通信機器とイニシャル・ポイント様の「JinCreek」を融合させることで、より柔軟で且つ安全なテレワーク環境を提供でき、リモートワークの一層の促進・拡大に貢献できると考えております。

富士ソフト株式会社
常務執行役員
プロダクト事業本部 本部長 本田 英二

[JinCreek販売代理店]

  • NECネッツエスアイ株式会社
  • 株式会社内田洋行
  • 株式会社ニッセイコム(※NEC ネッツエスアイ株式会社の取次店)

[JinCreek対応通信事業者]

  • NECネッツエスアイ株式会社(ネッツワイヤレスサービス)
  • ソフトバンク株式会社(セキュアモバイルアクセス)

イニシャル・ポイントについて

イニシャル・ポイントは、5Gをはじめとした次世代携帯通信ネットワークに特化したサービスに注力し、今後さらなるサービス開発を通信事業者各社と提供を進めていく予定です。

  • 商標について記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先

イニシャル・ポイント株式会社 担当者:嶋村俊彦  TEL:03-3262-5080 / MAIL:info@initialpoint.jp